僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

【文房具】僕の手帳の使い方

こんにちは、takです。

今回は、僕の手帳の使い方を紹介したいと思います。

 

僕が今年使っている手帳は、

『NOLTY リスティ2(ブラック)』

です。

 

なぜこの手帳を使っているかというと、

 

・ 日常の生活を振り返る習慣をつけたい

・ やるべきことを明確にしておきたい

・ そして、それを常に確認できるようにしておきたい

・ 忘れてはいけないことを忘れたくない

 

という目的があって、

 

・ そもそも紙に書くのが好き

・ 仕事もプライベートのこともなるべく1冊に収めたい

・ どこでもいつでも持ち運びたい

 

という僕の要望に応えてくれそうだったからです。

 

 

ここから、僕の手帳の具体的な使い方の紹介をしていきます。

 

まず、『NOLTY リスティ2』には

・ 年間予定表

・ 月間予定表

・ 週間予定表

・ メモページ

の4種類のページがあります。

 

僕はそれぞれ以下のように使用しています。

・ 年間予定表

⇒ 定期的に実施することの記録

たとえばランニングした日は、日付の横に[R]と記入します。

 

・ 月間予定表

⇒ プライベートの予定管理、プライベートの行動結果の記録

 

・ 週間予定表

⇒  仕事の簡単なtoDOリスト、仕事の行動結果の記録、日記、メモ

 

・ メモページ

⇒ 忘れたくないことの記録

たとえば、手帳の使い方のルール、パスワードや気になった雑誌の切り抜き

 

手帳は見返すことを意識して使っています。

 

僕は、この手帳のほかに仕事用A4ノートとプライベート用A5ノートを使っています。

 

こちらは、見返すことを意識して書くページもあれば、ただ思ったことを書き出すだけのページもあるし、とっさにささっとメモするのに使うこともあります。

 

 

さて、この記事では「月間予定表」と「週間予定表」の使い方を紹介します。

 

・ 月間予定表

プライベートの予定管理とプライベートの行動結果の記録に使っています。

 

f:id:tak1985:20190505090637p:plain

月間予定表

① 休みの日(会社に行かない日、仕事をしない日)は、赤マーカで囲みます。

 

② その月にしないといけないことを、「やりたい」、「やらないといけない」と思ったときに黒ペンで記入します。

 

③ 日付が決まったら、その日の欄に黒ペンで記入します。

 

④ その日にやったことを簡単に残しておきたいときは、青ペンで記入します。

 

 

・ 週間予定表

仕事の簡単なtoDOリスト、仕事の行動結果の記録、日記、メモに使っています。

f:id:tak1985:20190505100805p:plain

月間予定表

① 休みの日(会社に行かない日、仕事をしない日)は、月間予定表と同様に赤マーカで囲みます。

 

② 仕事のtoDOリストを、週の始めに作成し、黒ペンで記入します。プライベートでやらないといけないことも、リスト化します。要はここをチェックすれば、この週にやっておかないといけないことが分かるようにしています。

 

③ その日やった仕事を箇条書きにして、青ペンで記入します。あとで、「この日何やってたっけ」となったときに、パッと分かるようにしています。

 

④ 日付を入れて、日記を青ペンで書きます。仕事のことでも、プライベートのことでもなんでも書きます。ただ、要点を絞ってダラダラ書かないようにしています。後で見返したときに、未来の自分に分かる最低限の言葉で書きます。

 

⑤ 読書メモ、なんとなく気になったことは、緑ペンで記入します。読書メモのように、テーマが決まったメモは青マーカで囲みます。

 

個人的に、見開きの一番右にtoDOリストがあるところに若干違和感を感じますが、今はこんな使い方をしています。

 

今はこの使い方がしっくりきているので しばらくこの使い方をすると思いますが、環境が変わったりして「使い方変えたほうがいいな」と感じたら見直すつもりです。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。