僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

ランニングは自分と向き合う時間

こんにちは、takです。

みなさんは自分と向き合う時間を持っていますか。

 

f:id:tak1985:20190609202121j:plain

何か作業しているときは、目の前のことに集中しています。人と会話しているときは、話題に集中しています。自分のことを考える時間って、そのための時間を自分で設定しないとなかなか持てません。

 

僕は、ランニングの時間が自分と向き合う時間です。

人によって体力アップ、健康維持、ダイエット、仲間との交流を目的にしている場合もありますが、僕は自分と向き合うためにランニングをしています。

 

走るのが早いわけでも、特別好きなわけでもありません。歯磨きやお風呂に入るのと同じようなものです。この距離を何分で走ろうとか、週〇日走るとかいう目標みたいなものはありません。タイムが早くなっていく様子や、体重が減っていく様子が数値で分かるほうが長続きするということもよく言われますが、僕の場合はそういうことをしなくても続けられています。定期的に、“走りに行こうかな”という気持ちが自然に出てきます。

 

時間やほかのことに気を取られたくないので、時計やスマホは身に着けず、体ひとつで走ります。走っている最中は、最近あったことやいま自分が思っていることを思い浮かべます。どちらかというと、ネガティブなことを考えていることのほうが多いです。“走り終わったら、このことについて考えるのは止める!”と決めて、そのネガティブなことを走っている間に考えまくります。『“なぜそうなったか”と“じゃあこれからどうするか”を走り終えるまでに結論を出す』と決めて走ることが多いです。体を動かしながらだとより思考が進みます。

 

なにも考えずに走ることもあります。スマホもPCもないので、余計なものが入ってきません。目に入ってきたものに対して思考が進むことはありますが、自然と意識が自分に向いてきます。

 

これが僕の自分と向き合う時間です。

 

その時間を精一杯楽しむために、ウェアやシューズは自分のお気に入りのものでそろえています。

            f:id:tak1985:20190601121150j:plain
僕は、おおかた“形から入るタイプ”です。いっちょ前に、サングラスを付けて走ります。

 

また、走った日は手帳の“年間スケジュール”のページに記録しています。

                           f:id:tak1985:20190601122850j:plain

走った日の欄に、[R]という記号を付けています。

******

週末僕が住んでいる地域は、さっそく梅雨のような、傘が手放せない天気でした。

雨が降ると、洗濯物が外干しできないので困っています。

今どきの一人暮らしは乾燥機付きの洗濯機を持っていることが多いのかもしれませんが、僕の家の洗濯機は脱水までしかやってくれません。

なので、雨が降ると部屋干しになります。

そうなると、僕の家の場合ベランダの窓沿いに干すか、ユニットバスの前の突っ張り棒に干すかの2パターンになります。

↓ ベランダの窓沿いに干す場合

     f:id:tak1985:20190609153730j:plain

 

ユニットバスの前の突っ張り棒に干す場合

     f:id:tak1985:20190609153747j:plain

 

ベランダの窓沿いだと乾きが悪いし、ユニットバスの前だとトイレに行くときに邪魔になってしまいます。

梅雨の時期に関係なく“天気が悪い日の部屋干しの位置”というのが、この家の困っている案件の上位項目の一つです…

これに関しては、乾燥機付きの洗濯機にするしかないのかなぁと感じています。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。