僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

苦しいときに声援はチカラになる、間違いなく

こんにちは、takです。

 

今日から、J1リーグ再開。

サンフレッチェ、快勝です!

GK大迫選手、ボランチ松本選手が代表で不在の中、中林選手が無失点に抑え、稲垣選手がダメ押しの2点目を取る。最高の形で、ACLラウンド16に向かえます。

 

ここから、2週間でリーグ戦も含めて鹿島3連戦。今日は、鹿島もきっちり勝っています。鹿島相手で苦しい戦いになると思いますが、今年こそベスト8に連れて行ってほしいです☆

 

*****

僕は趣味でランニングをしているのですが、フルマラソンにも挑戦したことがあります。フルマラソンって、やっぱりしんどいです。ずっと楽に走れるわけではありません。そんなときに感じるのが、沿道からの声援の力です。たまに、楽器を使って音楽を演奏してくれている団体さんもいます。

その力って、間違いなく次の一歩につながっている気がします。

しんどくてもう歩きそうになってしまいそうになったとき、「がんばれ~」という声援や気分が揚がる音楽が聞こえてきたら、“ここで止まるわけにはいかないな”って気持ちになります。

もちろん自分だけに向けられた声援ではありませんが、そういうときってなぜか良い意味で“自分が応援されてる”って錯覚してしまうんですよね。

 

 

f:id:tak1985:20190614185354j:plain

今、フランスで女子サッカーワールドカップが開催されています。

このあと、第二戦スコットランド戦です。

第一戦に引き分けてしまって、今日は勝つしかありません。

 

明日は、男子サッカーU-22トゥーロン国際大会決勝があります。

来年の東京オリンピックを目指すメンバーです。

この世代の主力の多くがコパ・アメリカに参加するA代表に招集され、この大会はBチームメンバーと言われています。

メンバーみんな、気持ちが入っていると思います。

 

がんばれ、日本!