僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

30年ぶりに“絵本”を開いた話

こんにちは、takです。

先週の土曜日は天気が悪く、家で過ごす時間が長かったので、積読状態になっていた本を読みました。

読んだのは“絵本”です。

チックタック 約束の時計台

にしのあきひろさんが製作された、『チックタック ~約束の時計台~』です。

僕には子どもはいませんし、甥っ子も姪っ子もいないのですが、西野さんの書籍か動画を拝見したときに、ちょっと気になっていたので読んでみました。絵本なので、あっという間に読み終わります。

大人がひとりで読む本としては感想に言葉を選びますが、絵がかわいくて、僕は好きです。

実際に本を開いてみて少しびっくりしたのが、和文の下に英文でも物語が描かれています。簡単な物語を英文で読むのは勉強になるので、思わぬところで英語の勉強ができました。

 

ちなみに、待ち合わせの時間ギリギリに来た女性に「待った?」と聞かれたときに使えるフレーズ、

No, you just made it. ~ギリギリセーフ~

覚えておきます。

 

*****

さいころ、夜寝る前にお母さんが布団の中でよく本を読んでくれていました。一番思い出にあるのは『いやいやえん』です。いまだに本屋で見かけると、“おっ”ってなります。

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

 

ほかには『めっきらもっきらどおんどん』だったり、

めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)

 

『そらいろのたね』、

そらいろのたね

 

『はじめてのおつかい』

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

このあたりが記憶に残っています。今でも本屋さんに並んでるってことは、今でも読まれてるってことなんだろうと思います。

“絵本”って子どもにも分かりやすくすごく簡単に抽象的に書かれていますけど、大事なこと書かれてるのが多いなって、ちょっと思いました。

 

**********

最近、朝目が覚めるのが早くて若干戸惑い気味です。日中眠くなるとかではないのですが、体が心配になります。(ただの老化ってやつ!?)

そこで、試しに睡眠アプリなるものを入れて、自分の睡眠をチェックしてみました。

f:id:tak1985:20190617054140j:plain

『Sleep Meister』というアプリです。App storeで“睡眠”で検索して、一番上に出てきたアプリです。

さっそく、昨日の夜セットして寝てみました。

 

f:id:tak1985:20190617054422j:plain

朝起きて、がっかりです 笑

ノンレム睡眠レム睡眠の波形が見れると思ったのに、、、

スマホの設定とか置き場所が悪かったのかなぁ。

まぁ、ホントにこんな感じでずっと深い眠りで眠れてるならいいんですけどね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。