僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

雨の日は部活の筋トレが思い出されます

こんにちは、takです。

天気予報通り、朝から雨です🌧

ざーざーではなく、しとしと降ってます。

個人的には“”に対してそんなに悪いイメージはありません。でも「晴れの日と雨の日どっちが好きか」と聞かれると、“晴れの日”です。

f:id:tak1985:20190707093921j:plain

 

なぜ雨の日より晴れの日を好むのか?

おそらく、“晴れの日には起きないことが雨の日に起きるから”です。

具体的には僕の身のまわりにはこんなことが起きます。

  • 洗濯物が溜まる
  • 外出時に傘が必要になる
  • 外出時に濡れる
  • 公共交通機関が遅れがちになる
  • 部屋の湿度が高くなる

 

洗濯物が溜まる

僕の家の洗濯機には、乾燥機はついていません。なので、基本的に外干しです。

雨が降ると、部屋干しが増えます。部屋干しでは乾きがいまいちなうえ、部屋の湿度も上がってしまいます。

次引っ越すときには、乾燥機付きの洗濯機を買うか、浴室乾燥機がある部屋を選ぼうと思います。 

 

外出時に傘が必要になる

僕の外出時は、リュックスタイルです。両手が空いているほうが快適だからです。

雨が降ると外出時に傘が必要になり、片手がふさがってしまいます。

じゃあ、手で持たなくても良い傘を、、、

 

外出時に濡れる

雨が降っているのだから、仕方ありません。

濡れないように大き目の傘を使うか、濡れてもすぐに拭けるようにタオルを持ち歩くようにします。

 

公共交通機関が遅れがちになる

これは僕にはどうしようもできません。特に平日の通勤時の電車の遅延は、どうにかならないものかと感じてしまいます。

時間と心にゆとりを持って行動します。

 

部屋の湿度が高くなる

部屋の湿度が高くなると、体調にも悪い影響を及ぼします。

除湿器やエアコンを使って湿度管理をするか、部屋全体に風の流れを作ってやるようにします。

 

じゃあ、雨の日を好きになるには?

この記事の論理的には、“晴れの日も雨の日も同じことが起きるようにする”です。

この時点で、これは仮説にすぎませんが、こんな説は認められません 笑

雨の日を好きになるには、雨の日にしかできないことを楽しむことです。

具体的に挙げると、こんな感じです。

  • 屋内でできることを満喫する
  • あえて屋外で雨を楽しむ

 

屋内でできることを満喫する

個人的な理想は、“水族館に行く”です。“映画館に行く”のもありだと思います。でも、僕の現実は行く相手がいないので、“家事を済ませる”です 笑

 

あえて屋外で雨を楽しむ

これもありです。僕は学生時代に、雨でも屋外でやるスポーツをやってきたことが関係している、、、かどうかは確かではありませんが、びしょびしょになるのは嫌ではありません 笑

中途半端にズボンの裾が濡れて、湿ったまま穿き続けないといけない状況になるのは嫌ですが、思いっきり濡れるのは嫌いではありません。

まぁ無理して濡れなくても、自然が近くにある場合は、“傘をさして散歩する”というのも良いのではないかなと思います。

 

まとめ

「晴れの日も雨の日も同じことが起きるようにする」という発想が一瞬でも出てきてしまった僕はわがままです。

、、、というのが結論ではなく、『僕も今日みたいな雨の日は晴れの日にはできないこと雨の日しかできないことを楽しむことにします』が今日のまとめになります。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 ※ ちなみに、タイトルは高校の部活での話です。雨の日は、校舎の階段の上り下りを何度も繰り返していました。