僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

投票日の翌日に、サラリーマンが「残業しねぇと食っていけねぇヤツもいるんだよ」という言葉に考えさせられた話

こんにちは、takです。

先週末は選挙の投票日でしたね。

そんな週明けに会社であった出来事を書いてみたいと思います。

f:id:tak1985:20190722213334j:plain

 

選挙の投票日のあとは、僕の職場でも自然と選挙の話が出てきます。

増税』、『年金』、『医療』、『教育』、『雇用』

いろんなテーマに対して、各政党がいろんな政策を打ち出しています。

 

僕はたまたま選挙とは関係がないところで、こんな記事を読んだばかりでした。

www.nikkei.com

4時30分終業の味の素本社。

仕事終わりに大学院に通った社員のエピソード。

 

そんな話が頭に残っていたので、

同僚の「自分が何か手を付けるならどんなこと?」という問いに対して、

「“労働時間を少なく”ですかね」と答えました。

 

すると、同じ輪で話していた年配の現場担当の先輩が、

「労働時間を短く、短くってたって、給料上がんねぇし、メシが食えねぇヤツだっているんだぜぇ」

とつぶやかれました。

 

ちょうど昼休みが終わりそうな時間だったので、その場はなんとなく解散になったのですが、

正直その言葉にどう反応していいか、その場の僕にはパッと出てきませんでした。

 

 

ここからは僕も言葉を選びますが、

 

「残業減らせ」と言われても、仕事量は変わらないから残業をする

このパターンは、職場の同期や後輩からもよく聞いてきました。

 

でも、

残業しないと生活が苦しくなるから、残業する

このパターンは、ネットのコメント欄とかでたまに目にすることがありましたが、実際に身近な人の口から、ここまでストレートに聞くことはありませんでした。

僕があまり“お金”の話を、周りの人としないせいなのかもしれませんが。

 

ネットで聞いた話なら、“大変な人もいるんだな”という思考でストップしてしまいますが、

自分が働いている会社で聞いた話となると、30代中盤の僕からすると“これからどうしたらよい職場になるかな”って考えてしまいます。

 

 

「こんなことで残業代は付けられないよ」

と言って、(客観的に見て)やらないといけないことを後回しにして帰る人。

 

定時のチャイムと同時に「お先に失礼します」と言って、ささっと退社する人。

 

「仕事なんてめんどくさいよ」

と言いながら、比較的朝早くから定時後しばらく残って仕事をする人。

 

子どもが生まれたばかりで、16時で退社する人。

 

 

人それぞれ自分の働き方があって、

どれが正しいとかではなくて、

自分の働き方を、自分で選べばいいだけなんだろうなとぼんやり思いました。

 

 

話が散らかってきましたが、

今回の話で僕が何を感じたかというと、

労働時間が短くなるからといって、助かる人間ばかりではない

ということでした。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。