僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

またひとり新天地へ【大分トリニータ⇒ヴィッセル神戸】

今年の夏は、移籍が多い気がする。

今週、またひとつ気になる移籍があった。

 

藤本憲明大分トリニータからヴィッセル神戸への移籍

 

藤本憲明選手 ヴィッセル神戸へ完全移籍のお知らせ

https://www.oita-trinita.co.jp/news/20190853455/

- 大分トリニータ公式HP -

 

FW藤本憲明選手が大分トリニータより完全移籍加入のお知らせ

https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16508.html

- ヴィッセル神戸公式HP -

 

今年、鹿島とのJ1開幕戦で“史上初4カテゴリー開幕弾”となるゴールを決め、今年の注目選手の1人となった藤本憲明JFLを4年、J3を2年、J2を1年過ごし、今年J1初挑戦。ここまで21試合で8ゴール。トップスコアラーとの得点差も3点。まだここからの調子次第では得点王だって狙えると思う。先日のJ1王者川崎Fとの試合でも、持ち味の前線のスペースへの抜け出しを伺うプレーを何度も見せており、チームが負けた試合でも“らしさ”を印象付けていた。神戸には、個人的に注目している古橋亨梧がいる。VIPの外国人トリオの攻撃陣に注目が集まりがちだが、残りのシーズン、神戸の日本人FWに注目したい。

 

これまた個人の勝手な意見だが、一昔前まではこの手の“ステップアップ移籍”は浦和が多かったイメージ。ただ、今年は藤本憲明が神戸に移籍し、昨年末には馬渡和彰が川崎Fへ移籍している。移籍は、クラブの資金力、チーム編成の変化のスピードとタイミング、そして選手の意思決定が関係してくるが、Jリーグサポからすると、いろんなクラブに注目選手がいると、よりJリーグが楽しくなる。

 

今日の夜寝る前には、ドロンパの背中を見ていたい

今日の広島は、G大阪戦。次節アウェー首位FC東京戦を前にした、どうしても勝っておきたいアウェーでの試合。こちらも移籍組、レアンドロ ペレイラに出番はあるか。去年のベリーシャの件もあるので、期待しすぎに、でも楽しみに待ちたい。