僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

2019年Jリーグとプロ野球のダブル日本一が味わえる可能性があるのは、9都道府県民【Jリーグとプロ野球】

J1リーグは2019年シーズンを7月に折り返し、現在後半戦を戦っている。

プロ野球もすべてのチームの消化試合が100試合を超え、シーズンは終盤戦に向かっている。

そこで、気が早すぎる“日本一”の話を少し書いてみる。

 

f:id:tak1985:20190811095844j:plain

 

 

プロサッカーとプロ野球のダブル日本一が味わえる可能性があるのは、9都道府県民

今シーズン、プロサッカーリーグのトップカテゴリーであるJ1リーグに所属するクラブとプロ野球チームの両方がホームグラウンドを構えるのは、全国47都道府県のうち、北海道、宮城県、埼玉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府兵庫県広島県の9都道府県。

 

北海道

サッカー : コンサドーレ札幌

プロ野球北海道日本ハムファイターズ

 

宮城県

サッカー : ベガルタ仙台

プロ野球 : 東北楽天ゴールデンイーグルス

 

埼玉県

サッカー : 浦和レッズ

プロ野球 : 埼玉西武ライオンズ

 

東京都

サッカー : FC東京

プロ野球読売ジャイアンツ東京ヤクルトスワローズ

 

神奈川県

サッカー : 川崎フロンターレ横浜Fマリノス湘南ベルマーレ

プロ野球 : 横浜DeNAベイスターズ

 

愛知県

サッカー : 名古屋グランパス

プロ野球 : 中日ドラゴンズ

 

大阪府

サッカー : ガンバ大阪セレッソ大阪

プロ野球オリックス・バファローズ

 

兵庫県

サッカー : ヴィッセル神戸

プロ野球 : 阪神タイガースオリックス・バファローズ

 

広島県

サッカー : サンフレッチェ広島

プロ野球 : 広島東洋カープ

 

どこのクラブ・チームを応援しているかは、そのクラブ・チームのファン・サポーターの出身県や住んでいる地域と絶対的な関係はないが、その地域には地元クラブ・チームを応援する人は一定数以上存在すると思う。“地方”と呼ばれる地域では、よりその数は大きいはず。

 

日本にプロサッカーリーグが誕生して、27年。プロサッカーとプロ野球のダブル日本一はまだゼロ。

1993年にプロサッカーリーグとして開幕したJリーグも今年で27シーズン目。日本にサッカーのプロリーグが誕生してからのこの27年間、“同一都道府県にホームグラウンドを構えるサッカークラブとプロ野球チームのW日本一”は、まだない。

 

歴代のサッカーと野球のトップカテゴリーにおける日本一チーム

2018 : 川崎フロンターレ、 ソフトバンク
2017 : 川崎フロンターレ、 ソフトバンク
2016 : 鹿島アントラーズ、 日本ハム
2015 : サンフレッチェ広島ソフトバンク
2014 : ガンバ大阪、    ソフトバンク
2013 : サンフレッチェ広島楽天
2012 : サンフレッチェ広島、巨人
2011 : 柏レイソル、    ソフトバンク
2010 : 名古屋グランパス、 ロッテ
2009 : 鹿島アントラーズ、 巨人
2008 : 鹿島アントラーズ、 西武
2007 : 鹿島アントラーズ、 中日
2006 : 浦和レッズ、    日本ハム
2005 : ガンバ大阪、    ロッテ
2004 : 横浜Fマリノス、   西武
2003 : 横浜Fマリノス、   ダイエー
2002 : ジュビロ磐田、   巨人
2001 : 鹿島アントラーズ、 ヤクルト
2000 : 鹿島アントラーズ、 巨人
1999 : ジュビロ磐田、   ダイエー
1998 : 鹿島アントラーズ、 横浜
1997 : ジュビロ磐田、   ヤクルト
1996 : 鹿島アントラーズ、 オリックス
1995 : 横浜マリノス、   ヤクルト
1994 : ヴェルディ川崎、  巨人
1993 : ヴェルディ川崎、  ヤクルト

 

まとめ

現時点ではFC東京と巨人の“東京都”勢のW日本一が、残されている可能性の中ではちょっと高そう。ただプロ野球界においては、ソフトバンクの強さが頭1.5個くらい抜きに出ている。今年もパリーグの首位を走っている。

しかし、過去の話、可能性の話をしても何も決まらない。

 

なにが言いたいか。

 

 

 

サンフレッチェカープのダブル日本一をとても楽しみにしている。

 

もちろん、今年も。

 

そして、これからも。

 

 

 

ただ、それだけ。

 

 

参考 (各球団の主なホームグラウンド ※2019年8月時点)

2019年のJ1クラブ

コンサドーレ札幌 : 札幌ドーム (北海道札幌市)

ベガルタ仙台 : ユアテックスタジアム仙台 (宮城県仙台市)

鹿島アントラーズ : 県立カシマサッカースタジアム (茨城県鹿嶋市)

浦和レッズ : 埼玉スタジアム2002 (埼玉県さいたま市)

FC東京 : 味の素スタジアム (東京都調布市)

川崎フロンターレ : 等々力陸上競技場 (神奈川県川崎市)

横浜Fマリノス : 日産スタジアム (神奈川県横浜市)

湘南ベルマーレ : Shonan BMW スタジアム平塚 (神奈川県平塚市)

松本山雅 : サンプロ アルウィン (長野県松本市)

清水エスパルス : IAIスタジアム日本平 (静岡県静岡市)

ジュビロ磐田 : ヤマハスタジアム (静岡県磐田市)

名古屋グランパス : パロマ瑞穂スタジアム (愛知県名古屋市)

ガンバ大阪 : パナソニック スタジアム 吹田 (大阪府吹田市)

セレッソ大阪 : ヤンマースタジアム長居 (大阪府大阪市)

ヴィッセル神戸 : ノエビアスタジアム神戸 (兵庫県神戸市)

サンフレッチェ広島 : エディオンスタジアム広島 (広島県広島市)

サガン鳥栖 : 駅前不動産スタジアム (佐賀県鳥栖市)

大分トリニータ : 昭和電工ドーム大分 (大分県大分市)

 

2019年のプロ野球チーム

北海道日本ハムファイターズ : 札幌ドーム (北海道札幌市)

東北楽天ゴールデンイーグルス : 楽天生命パーク宮城 (宮城県仙台市)

埼玉西武ライオンズ : メットライフドーム (埼玉県所沢市)

東京ヤクルトスワローズ : 明治神宮野球場 (東京都新宿区)

読売ジャイアンツ : 東京ドーム (東京都文京区)

横浜DeNAベイスターズ : 横浜スタジアム (神奈川県横浜市)

千葉ロッテマリーンズ : 千葉マリンスタジアム (千葉県千葉市)

中日ドラゴンズ : ナゴヤドーム (愛知県名古屋市)

オリックス・バファローズ : 京セラドーム大阪 (大阪府大阪市)、 ほっともっとフィールド神戸 (兵庫県神戸市)

阪神タイガース : 阪神甲子園球場 (兵庫県西宮市)

広島東洋カープ : MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島 (広島県広島市)

福岡ソフトバンクホークス : 福岡 ヤフオク!ドーム (福岡県福岡市)