僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援している一人暮らしサラリーマンの日常 -

【Jリーグ】今年も1人でも多くの選手の活躍が見たい。(楽しみにしたい選手、J1全18チーム編)

今週水曜日に、2020年版のJリーグ選手名鑑が発売されました。

f:id:tak1985:20200215114525j:plain

 

選手名鑑は2010年くらいからは毎年必ず購入していて、長らくサッカーダイジェストだったのですが、去年から“エル・ゴラ”に乗り換えました。

 

昔は、エル・ゴラの選手名鑑の写真(印刷?)になんか違和感を感じていて、少し敬遠していました。

 

ですが、最近はそれが気にならなくなり、シーズン終了後の『シーズン総集編』“エル・ゴラ”のほうが読んでいて面白く感じるようになったので、選手名鑑も“エル・ゴラ”にしました。

 

チームの掲載順が前年の順位ではなく、北から順番に紹介されているのも、個人的に好きです。

 

 

さっそく選手名鑑にざっと目を通してみたので、今年注目してみようと思った選手を各チーム1人ずつ挙げてみようと思います。

広島だけ2人挙げました(^^;

 

コンサドーレ札幌

9 鈴木武蔵【すずきむさし】(FW)

昨年、自身のキャリアハイとなる13得点をマークし、日本代表にも選出された。

札幌のアタッカー陣ジェイ、チャナティップアンデルソン・ロペスとともに、昨年ルヴァン準優勝のチームを今年どこまで引き上げられるかに注目したい。

 

ベガルタ仙台

16 吉野恭平【よしのきょうへい】(DF)

昨年は広島でプレーし、一時はスタメンに名を連ねた時期もあった。

しかしレギュラーの座を奪いきることができずに移籍という形にはなったが、地元で心機一転、そのプレーに注目したい。

 

鹿島アントラーズ

36 上田綺世【うえだあやせ】(FW)

昨シーズン途中に法政大学から加入し、ブレイクしそうな感じではあったが、思ったより得点数は伸びず。

それでも、今年は東京五輪の年でもあるので飛躍を期待したい。

 

鹿島は、チームとしても転換期を迎えている様子。

2018年のACLのタイトルを獲ったが、国内タイトルからは2016年以来3年間遠ざかっている。

今年の鹿島は不気味。

 

浦和レッズ

10 柏木陽介【かしわぎようすけ】(MF)

コンディション面が思わしくないのか、昨シーズンは出場機会が少なかった。

それでも、かつては広島でも10番を背負い、調子乗り世代としてチームを盛り上げてくれた陽介には、まだまだ活躍して欲しい。

 

柏レイソル

14 オルンガ【おるんが】(FW)

去年のJ2最終節で、1試合8得点をマーク。

30試合の出場で、27得点。(←29試合で19得点!?)

J1でも通用するのか、今年どんなプレーを見せてくれるのか楽しみ。

 

FC東京

15 アダイウトン【あだいうとん】(MF)

昨年のゴール数はそこまで多くはないが、身体能力を生かした、見ている人の印象に残るゴールが多い。

オーバーヘッドあり、競り勝ってのヘディングあり、今年のACLのPOでのゴールのようなスピードを生かしたゴールあり。

なにより、ディエゴ・オリベイラレアンドロと組む、3トップが怖くてたまらない。

 

長谷川監督も就任3年目。

2017年の13位から、着実に順位を上げてきて、今年はどうなるか楽しみ。

 

川崎フロンターレ

14 中村憲剛【なかむらけんご】(MF)

ピッチに戻ってきて欲しい、ただそれだけ。

 

横浜Fマリノス

11 遠藤渓太【えんどうけいた】(MF)

横浜生え抜きの22歳。

なんといってもスピードあふれるドリブルが魅力的。

インタビュー映像を見ていても、しっかりしている印象。

仲川と合わせて今年も両ウイングのプレーが楽しみ。

 

横浜FC

23 斉藤光毅【さいとうこうき】(MF)

正直まだあまり詳しくは見ていないけれど、活躍を期待する記事を読んだ。

横浜FCもチーム自体が久しぶりのJ1で、選手もどんな選手がいるのか楽しみ。

 

湘南ベルマーレ

23 茨田陽生【ばらだあきみ】(MF)

少し前は、柏の中盤を支えていた選手。

今年から完全移籍で、湘南の一員になった。

中盤でのゲームメイクに注目したい。

 

湘南は、昨年はギリギリのところで残留したが、今年はどうチームを作り直してくるのか楽しみ。

 

清水エスパルス

2 立田悠悟【たつたゆうご】(DF)

東京五輪世代の若手長身CB。

初めてみたときは長身丸刈り姿で、すぐに頭に残った選手。

プレーを少しだけ見ていると、代表のCBを任せるにはちょっと心もとない。

それでも、まずは清水での活躍を見たい。

 

名古屋グランパス

15 稲垣祥【いながきしょう】(MF)

運動量が豊富で、ゴールも獲れるボランチ

昨年移籍するときに、「選手としての幅を広げたい。まだ成長したい。」と言っていた。

広島にとっては痛いけど、新しいチームで新しい稲垣を見てみたい。

 

ガンバ大阪

3 昌子源【しょうじげん】(DF)

ロシアW杯のベルギー戦後、ピッチを叩いて悔しがってるのを見て、こっちも涙してしまった。

22年のカタールではもちろんだが、今年の五輪でもピッチの上で彼の姿を見たい。

 

セレッソ大阪

4 小池裕太【こいけゆうた】(DF)

去年は鹿島でプレー。

広島戦でもゴールにつながるシュートがあったし、磐田戦でもスーパーゴールがあった。

C大阪の左サイドバックには不動のレギュラーがいるが、どこまで試合に絡めるのか注目したい。

 

ヴィッセル神戸

27 郷家友太【ごうけゆうた】(MF)

昨年は前年2018年より出場試合数が減ったものの、コンスタントに試合に絡んでゴールも決めている。

タレント揃いのチームであり、競争は激しいと思うが、1試合でも多く、ピッチの上で彼を見たい。

 

サンフレッチェ広島

23 荒木隼人【あらきはやと】(DF)

チームにとって、久しぶりの若手日本人CB。

昨年から成長が感じられ、まだ“安心して見ていられる”試合ばかりではないけれど、今年も広島のゴール前は任せたい。

 

17 松本泰志【まつもとたいし】(MF)

今年は稲垣が抜け、出場機会のチャンスが増えるはず。

昨年掴みかけたレギュラーの座をしっかりつかみ切って、五輪のピッチでも見たい。

 

サガン鳥栖

50 リャンヨンギ【りゃんよんぎ】(MF)

仙台一筋だったが、17年目で初の移籍。

チーム最年長だが、まだまだピッチの上でみたい。

 

チームはユニフォームの胸から『DHC』のロゴが消え、現時点では『佐賀新聞』のロゴが入ることに。

数名の主力級の選手が抜け、厳しい戦いになりそうだが、どんなサッカーを見せてくれるのか注目したい。

 

大分トリニータ

16 渡大生【わたりだいき】(FW)

今年広島から完全移籍で加入。

今年の大分には、川崎から知念慶も加入。

レギュラーを争うことになるとは思うが、彼の前線での運動量は大分のサッカーにも生きるはず。

 

 

全チーム、毎試合、すべての情報をチェックしているわけではないので、個人的な印象に偏ってしまいますが、こんな感じで今年のJリーグ開幕を楽しみに待ちたいと思います⚽

 

 

*****

 

www.bokublo.com

 

www.bokublo.com

 

www.bokublo.com