僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援している、一人暮らしサラリーマンの日常 -

【手帳会議2020-2021(前編)】10月に入ったし、そろそろ2021年の手帳の準備をしていきたいと思う。

 

僕は今年2020年は、下の写真に写っている4冊を使っています(使っていました)

 

f:id:tak1985:20200815162617j:plain

2020年、使っているノート、使っていたノートたち

 

A4サイズのノート、A5サイズのノート、A5サイズの手帳、そして、ポケットサイズのメモ帳📔

 

A4サイズのノートは仕事用。

A5サイズのノートは仕事以外で、なにかメモしたいとき用。

A5サイズの手帳は日々の記録用。

ポケットサイズのメモ帳はなんでも用。

 

こんな感じの使い分けで、使っていました✒

 

 

f:id:tak1985:20200921152508j:plain 

 

手帳には、日記や行った場所のチケットを貼るようにしてましたが、今年は白紙のページが多くなってしまいました。

 

ポケットサイズのメモ帳“持ち歩いて、行った場所で思ったこと、感じたことをメモできるように”と準備したのですが、外に出掛けることも少なくなり、最近はあんまり活用できてません…

 

 

それでも、僕は手帳をフル活用できているわけではありませんが、毎年1冊は持っておきたいなぁと思っています。

 

最近はいろんなところで暗証番号パスワードを設定する機会があるので、その管理が目的の一つです。

ホントは、ココロオドルような使い方もしたいけど

 

あとは、日記、とはまでは言わなくても、なにか大切なことがあったときは、手書きで残しておきたいなぁと思っています。

 

 

www.vivi.tv

 

先日、手帳に関するニュースを追っていると、宇垣美里さんのエッセイにたどり着きました。

 

そこそこ楽しく、たいして代わり映えせず、当たり前に辛い、毎日。

 

特別じゃない日常の、そのひとつひとつを記録していくうちに、いつの間にか心が解き放たれている気がするのはなぜなんだろう。

 

なんか分かる気がするなーって思いながら読ませてもらいました。

 

 

僕は、社会人になったときの一番始めの上司に「記録をつけなさい」とよく言われたのを覚えています。

 

その影響もあってか、その頃は1日1ページの手帳に、日々の反省をメインに、よく日記を書いてました。 

さっき見返して見たけど、今の自分に活かせているかどうか…💦

 

ただ、いつの間にか書かなくなってました。

 

 

僕の場合は、日記を書こうとすると、すべてを思い出そうとして、すべてを残そうとして、ずっと過去のことで頭がいっぱいになってしまいます。

 

日記を書く時間は15分だけと時間を決めても、あれも書かないと!ってなってしまって、すぐダラダラ書いてしまいます。

 

 

自分が忘れたくないこと忘れてもいいこと、うまく区別して、明日からもやっていきたいと思います。