僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

雨の日にお店で気づかされたマナーの話

こんにちは、takです。

今回は、僕が雨の日に無印良品で気づかされた雨の日のマナーについての話を書いてみたいと思います。

f:id:tak1985:20190707144458j:plain

先日、会社の最寄り駅近くのショッピングセンター内の無印良品に行きました。シンプルなモノが好きという人には、無印良品をよく利用するという人も少なくないと思います。

 

僕も、たまにお店を覗きに行きます。その日は、メモ帳を見に行きました。会社の机の上に置いているメモ帳のページがなくなったので、新しいものを買いに行きました。

f:id:tak1985:20190517231514j:plain

これです

その日はが降っていました。

なので、僕はビニール傘を片手に持っていました。

僕が無印良品に入店したとき、定員さんがモップで床を拭いていました

僕はお目当てのメモ帳を探しに行く前に、収納用品が並ぶ棚の前で商品を眺めていました。すると、その棚の裏側からモップを持って床を拭いている定員さんが現れました。

やっちゃったなと思いました。

 

僕が手に持っていた傘から雨のしずくが垂れていて、定員さんはそのしずくを拭いてきて、僕のところにたどり着いたんだと思います。定員さんと目が合ってしまった時の気まずさったらありゃしません。僕は、ささっと頭を下げて、メモ帳を買ってお店を後にしました。

 

ショッピングセンターの入り口には、傘を入れるビニール袋が置いてあることが多いです。ちょっと前までは利用者が自分で袋の口を開けて傘を入れるような仕組みでしたが、最近は傘を穴に挿し込んで手前に引くだけで傘を袋に入れられます。その手間をめんどくさいと思っていたわけではないのですが、僕はその習慣がありませんでした。

気を付けようと思います。

 

傘をビニール袋に入れるということだけじゃなく、靴の裏の水滴も気を付けようと感じました。お店の入り口にはマットが敷いてあると思います。一度さっと拭くだけでも違うと思います。ちょっとした心がけで、店内を汚さずに済んだり、掃除の手間が省けたりするのであれば、気を付けようと思った出来事でした。

 

雨の日に限った話でもありません。

僕の会社では、毎日事務所の掃除をしてくれている方がいます。たぶん、自分が掃除するのであれば、自然と汚れないように気を付けるようにすると思います。でも、自分で掃除しないところについては、ついついその意識が薄れがちになると思います。

屋外から社内に入るときには、靴の裏の汚れを落とすことを、気を付けるようにします。

 

*****

と、雨の日のことを書いたとたん、梅雨の中休みのような天気が続いています。

でも、まだ洗濯物を外干しして仕事に行く勇気はありません 笑

洗濯物を溜めすぎないように、こまめに洗濯機を回そうと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。