僕が思ったことを書いてみるBlog

- 地元のサッカークラブを応援しながら、シンプルライフにあこがれる一人暮らしサラリーマンの日常 -

床屋とモヒカンと僕

昨日、床屋さんに行ってきました。

 

僕は小さいころ、とは言っても一人暮らしを始めるまでだから、高校を卒業するまでは、なぜか“床屋さんに髪を切りに行く”というのが嫌いでした。

 

“人に切ってもらうのが嫌で、自分でハサミを入れて、変な頭になって、結局床屋さんに行くはめになった”というエピソードもあります。

しかもそのとき最初に行った、チェーン店の比較的大き目の床屋さんでは、

「そんな変な長さになっていたら、ウチではカットできません」

みたいなことを言われて、断られました。

でも、そんな変な頭では学校にいけないので、町の小さな床屋さんのおばちゃんに切ってもらいました。

ちょうどサッカーの日韓ワールドカップが終わった後ぐらいの出来事で、“当時のトルコ代表のウミト・ダヴァラみたいな、モヒカンになった思い出があります 笑

 

この記事書いていて思い出しましたが、そのころイングランド代表のベッカムがしていた“ソフトモヒカン”がサッカー部で流行ったんですよ。

取り合えず真ん中立てとけ、みたいな。

で、床屋さんに髪を切りに行くのが嫌いだった僕は、無謀にも自分でチャレンジしようとしたんです、ソフトモヒカンに。

ただでさえ天パで髪のクセの強い僕の頭を、自分でそんな“いい感じ”に出来るわけがありません。

ちなみに当時クラスの仲がよかった女子に、見た目と、苗字をもじって“がっちゃん”って呼ばれてました 笑

「もっとここ短くしないと」、「ちょっとここ違うな」とか思いながらカットし続けていって、結局手に負えなくなったってわけです。

よくやりましたね、当時の僕 笑

 

ちなみに、今も髪切りに行くの苦手です。特に初めて行く床屋さんは。

上でも書いたのですが、僕は髪のクセが少し強めで、髪の量が多いので、初めて行く床屋さんだと、「適当に短くしてください」という注文だとだいたい迷われます。

注文の仕方が悪いんですかね。

注文の仕方が良く分からないという点では、スタバも苦手です。

 

なので今は、家からちょっと遠いところにあるんですが、通い慣れた床屋さんに行っています。そこの床屋さんで髪を切ってくれる、おじちゃんとおばちゃんとのエピソードもいろいろあるのですが、今日は『床屋とモヒカンと僕』というタイトルなので、ここまでにしたいと思います。

 

ちなみに、昨日は“モヒカン”にはしていません 笑

ごくごく普通の“短め”のカットにしてもらいました。

毎回髪を切りに行く度に、“今回はツーブロックにしてもらおうかな”とか、“片側だけ少し短めにしてアシメにしてもらおうかな”とも思うのですが、結局“クセが目立たないくらいに短くしてください”になっちゃいます。

次切るときは、髪型変えてみようかな

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。